もうひとつの子育て
自主保育 コロボックル

コロボックルにはカリキュラムはありません。つくばの街全体が遊び場です。1才~6才くらいの子どもが20人ほど、それと数人の大人。四季の移ろいの中、自然とふれ合いながら、リュックひとつで活動しています。




お誘い

 コロボックルの保育者・五十嵐亨(通称ライオン)の呼びかけに心を動かされた親子が、1986年以来、茨城県南のつくば市内で活動を重ねてきました。
 幼稚園でも保育園でもない、コロボックルって大家族のようなところ。年齢、性別、ごちゃごちゃの中、いろいろな場面で子どもたちは育っていきます。
 私たち父母も保育参加することで、我が子を含めた子ども集団の成長を、保育者と共に見守ってきました。
興味のある方は、一度遊びに来てください。(在会の父母より)






子育て仲間の声を更新しました!

コロの母さん達に時々書いてもらっている「子育て仲間の声」を更新しました。
「なんでコロに入ったの?」「なんでコロに入れ続けているの?」
そんな母さん達のリアルな声をお伝え出来たらなと思っています。
ぜひ読んでみて下さい!
子育て仲間の声



コロボックルのインスタ出来ました

お母さん達で作ってくれました。
コロの日常の雰囲気が伝わるかなと思います。
よかったらぜひ一度のぞいて見てください!!

コロボックル Instagram



コロボックル版『暮らしの手帖』をご紹介します!

バザーで写真を展示するときに添えた文章や、通信に書いたことの中から、
今ちょうど子育てを始めたという人たちに伝えたらどうかな~というものを拾って載せてみようと思います。
でもこれを出すにあたって、決めたことがあります。
コロの母さんたちとの活動の中で気づかされたこと、教えられたことを元に書くことです。
保育者のエッセイではありません。

コロには幼稚園でも保育園でもない活動だからこその関係性があり、それを外の人に伝えるのは本当に難しい。
こんな教育方針です、というのも違う。お母さんたちが楽しい、というばかりでもない。
でも、みんな得ていってくれることがあるのは確か。さあそれは何だろう?とずっと考えてきました。
自分の子どもから子どもたちへの親しみの広がりや、生活の工夫、そうそうそれが「暮らし」に変化を与えている。

そんな風に思えてきました。それなら、ここで生まれた子育ての知恵を伝えるのは、長年保育者としてかかわってきた私の仕事だと感じるようになりました。
だからタイトルを「コロボックル版暮らしの手帖」とします。どれからでも、読んでくださると嬉しいです。

五十嵐 いずみ(コロボックル保育者)

暮らしの手帖



保育料の補助が決まりました!

保育料の無償化制度が始まって、約3年。
認可外保育施設も対象ではありますが、「働いていないと対象外」という不公平な状態が続いていました。
「子どもを預ける時に金額ではなく“子どもが育つ場”としての内容で判断してほしい!」とずっと願ってきましたが、そうもいかない現状でした。

これに対して、国と県と市が「多用な集団活動事業の利用支援事業費補助金」を出すことになり、
コロボックルが対象施設として認められました!
上限や年齢などの条件はありますが、保育料が全額負担ではなくなります。
お金のこと、大きい話だと思います。
詳しくはお問い合わせください。




コロボックルのFacebook出来ました♪

お母さん達で作ってくれました。
コロの日常の一コマが書き込まれています。
よかったらぜひ一度のぞいて見てください!!

コロボックル Facebook




月曜日は“ゴンタで遊ぼう~0歳からの外遊び”

大人が以下のことに気を付けながら、子どもにはなるべく制限をかけずに遊べる場にしたいと思っています。

--------------------------------------------------------------------------------------
・ゴンタに来る前に、自宅で健康状態を確認してください。
ご家族に体調不良の方がいらっしゃる場合は、参加はまた次の機会に。
・受付の名簿には連絡先を必ず記入してください。
・お弁当などの持ち込みは可です。
よく手洗いをした上で、広いゴンタで自分の好きな場所を見つけて食べよう!
・大人はマスク等の着用をお願いします。
子どものマスクは、熱中症のリスクのほうが心配なので、任意とします。
・ゴンタでは、子ども同士の接触はさけられません。
特にご家族に重篤化リスクの高い方(ご高齢者や基礎疾患のある方)がいらっしゃる場合、 この点について十分納得の上、ご参加ください。
参加後にもし発症した場合は、コロボックルまで速やかにご連絡ください。
状況の変化に合わせて、また対策を変更することがあると思います。

-----------------------------------------------------------------------------------------


総合支援センター駐車場隣の場所でやってきた月曜日のゴンタの丘の活動ですが、
4月からはすぐ近くの桜保健センター裏にある「流星台プレイパーク」で行うことになりました。
曜日や時間は変わらず、子育てカレンダーにも「ゴンタで遊ぼう~0歳からの外遊び~」というタイトルで載せています。

砂場と少しの手作り遊具しかない遊び場ですが、子ども達は水と泥と少しのおもちゃがあればもう楽しい♪
乗り物おもちゃも乗り回しながら、相変わらずの木工作も…
大人にとっても、これからここでどんな風に遊んでいけるのか、新しい遊び場作りも楽しめそうです!
畑作りや秘密基地作りも始まっています♪
ぜひ遊びに来てくださいね。

*マイカーの方へ・・・旧庁舎の後ろに停められます。保健センター前は停めないでね。
*つくバスなら・・・「小田シャトル」で約10分、桜窓口センター入り口下車。









   
  連絡先  「自主保育コロボックル」
TEL/FAX: (029)857-7949 /
 五十嵐 亨